転職!英語が堪能な方が、何であれ得をする時代のようです!直接使わなくても、いざって時には必要なようで・・・。

転職するために英語を習得したい

転職するには、英語がしゃべれた方がイイ!

転職を今お考えの方々・・・多いのでしょうか?
私は40代半ばの世代ですが、転職を経験しております!私の世代は、一つの仕事を一生続ける!そんな人たちの方が多かったし、今も順調に働いておられる方々が多いようですが、自分のキャリアをあげるために!なんていう前向きな転職から、いかんともしがたい理由によって転職せざるおえない!という厳しい転職が、混然となっているのかなぁ?
何はともあれ、興味があるので、ネットで調べてみたり、知人・友人に聞いてみたり・・・早速やってみました!まず驚きだったのが、パソコン操作!これが出来なければ務まらない!例外はもちろんあるようですが、今はそうなんだそうですね?
グローバル化よりも、パソコン!縁がなくてパソコンはやらなかったっていう方々には、お気の毒なお話なんですが・・・。

それから、英語に堪能ならば得をする!んだそうな。某企業では、公用語を英語に!なんて話を聞きますが、どんどんとグローバル化して行く世界の状況を見ていると、やっぱりそうならざるを得ないんでしょうね?
友人の話では、英語ぐらいは話せないと・・・なんていう厳しい意見もありました!英語は世界共通語。その世界共通語をしゃべれないなんて、話にならないってことでしょうか?
欲をいうならば、中国語も、スペイン語もしゃべれたら、なお良い!とも聞きました。
常に英語を使って業務をこなす職業ではなくたって、ふいに外国人が訪れた時に、すぐに、しかもきちんと対処が出来ることは、その方にとっても、その職場にとっても得なことになりますよね?
さっと対処出来る!これからの時代は、英語に堪能は当たり前!になって行くのかもしれません。私も実は、英語を勉強したことがあり、仕事で英語を使っていたこともありましたが、今は全く使っていないません。独学でも勉強をすることは出来るし、人生いくつになっても勉強なわけで・・・私も英語を勉強し直そう!強く感じました。

近頃良く聞く転職。深く知るならココをブックマークしましょう