就職のみならず転職でも英語が必要な時代。では、転職に有利な英語とはどういった英語なのだろうか。

転職するために英語を習得したい

転職に必須、英語を身につける

転職に必要な履歴書には言うまでもなく経歴を記すことになる。それ以外に保有資格や語学力も大きな武器になる。語学といえば英語がまず第一だが、就職時と違ってより実践を求められる。過去に英語を使用した業務経験があればいいが、そうでない場合、ただ資格やスコアを持っていればいいというものではない。すぐに使えるかどうかが問われるからだ。実践とは英語力そのものではなく、英語を使って何ができるかだ。具体的にはコミュニケーションということになる。英語力が高く、それをベースに実践力を身に着けるなんてことは就職時の話で、転職となると実践で使えるかどうかが問題なのだ。
例えばTOEICで700点とか800点持っている人はけっこういるがそれと使える英語力は全くの別物。語学の役割であるコミュニケーションができなければスコアは大した意味を持たない。そこで転職に際しては使える英語を身につけることが重要になるわけだが、難しいことをやる必要はない。すでに持っている英語力を実践で使えるようにするだけだ。一般に日本人が持っている英語力は低くない。ただ使えないだけだ。使えるようにすることが、従って大切になる。そのためにはとにかく機会をみつけてコミュニケーションの能力を高めること。それを履歴書なり面接なりでアピールできれば申し分ない。もちろん裏付けとしてスコアを持っておくことは重要だが、スコアが高いのに実践力がなかったらかえってマイナスになってしまうこともあるのでやはり実践力を高めるしかないだろう。

仕事で使う英語というと、やれビジネス英語だ、やれ専門用語だなんて考える人もいるが、言葉なんてコミュニケーションのツールに過ぎない。まずはそこをしっかりできるようになりたいものだ。それができれば転職に有利な英語として武器になるだろう。

近頃良く聞く転職。深く知るならココをブックマークしましょう