英語を学んで仕事に生かしたいとき、転職もひとつの手。業務経験と英語を武器として挑戦してみては。

転職するために英語を習得したい

英語をプラスアルファとして転職に挑戦

英語を勉強するきっかけってなんでしょう。学生のころ得意だったから、旅行が好きだから、中には彼氏(彼女)が向こうの人だから、なんてうらやましい理由があるかもしれません。ともあれ始めてみてハマりだすと楽しいのが語学の世界。
でも、語学おたくになるのではなく、実際に使ってみたくなる、それが語学。旅行に行ったり留学したりできればいいのですが、普通の社会人にはそうそうできることではありません。じゃあどんな風に生かせるか、できれば日々英語を使う環境で、もっと上手くなれるように…。そんな時に転職サイトなどを見てみると気づくと思います。
英語ができる、ということで、転職の可能性が広がっていることに。

いや、英語を仕事で使うなんて自分はまだまだ、経験もないし、と思いますか?
確かに選任の翻訳や通訳になるのは至難のわざでしょう。
でも、会社の中で「英語を使って仕事をしている」人って、みんながみんなTOEIC満点の英語ペラペラか、といったらそうじゃありませんよね。それぞれに自分の業務があり、そこに英語がプラスαで使われている、といったところではないでしょうか。企業には様々なポジションがあり、英語をどのくらい使うかはさまざまです。

自分の会社の中でそうしたポジションが見つからなければ、思い切って転職するのも手です。

転職の武器は、英語だけではありません。これまで培ってきた英語以外の業務のスキルを右手に、英語と度胸を左手に持って、挑戦してみませんか。

近頃良く聞く転職。深く知るならココをブックマークしましょう