eコマースの最大手も社内言語は英語になっているくらいですから、この業界に転職するならもう英語は必要スキルです

転職するために英語を習得したい

eコマース業界に転職するならもう英語はなくてはならないスキル

日本のeコマースの最大手も社内言語は英語になっているくらいですから、eコマース業界を狙っている人には、もう英語は転職する際になくてはならないスキルになってしまっています。
ネットワーク社会になって共通する言語としてやはり英語が世界的にも幅を効かせています。
eコマースでは日本の市場と英語圏の市場を比べれば、当然英語圏の市場の方がはるかに大きいということになります。
同じサービスを展開するなら日本語バージョンもありなのですが、平行して英語バージョンも作るべきでしょう。そうなるとコンテンツの内容となるテキストから、eメールを中心としたサポート体制、商品・在庫管理、発注業務すべて英語になっていきます。
もちろんそれらを支えるのには英語での作業がかかせないのです。

こうなってくると社内言語は英語にしようという雰囲気になってしまうのです。

インターネットでのビジネスモデルの成功はスピードを持って拡大していかなければなりません。
例えば日本市場で成功したのならすぐに海外にも同じようなサービスを展開して他の追随を許さないようにしなければなりません。英語をはじめとする外国語にシステムを移植しなければならないのです。

インターネットは参入障壁がほとんどないためにアイディアが命なのですが、そのアイディアが簡単に真似されてしまう恐れもあるのです。

すばやくスケールメリットをとっていって自分たちがスタンダードであるという認識を広めなくてはなりません。英語はその時に武器となるのです。

近頃良く聞く転職。深く知るならココをブックマークしましょう